"15の尾崎豊"状態の子供の正しい対処法3

"15の尾崎豊"状態の子供の正しい対処法3

PRESIDENT Online 掲載

思春期の子供は難しい。尾崎豊が『15の夜』で歌ったように、暴力衝動をもつ中高生は少なくない。子育て関連の相談を受けている鳥居りんこ氏は「思春期の子供に対してやってはいけないのは、正面から向き合うこと」と話す。わが子を「こじらせ」から救う3つのポイントとは――。

■尾崎豊『15の夜』のように荒れる思春期のわが子

筆者は子育て関連の相談を受けることが多いが、その中でも思春期の相談がダントツに多い。親にとって、子の思春期は幼少期以上に対応に苦慮するもので、その相談も深刻なものになりやすいのだ。しかし、何事も傾向と対策である。今回は彼らの生態を考察しながら、その対応策を探ってみよう。

思春期の子どもたちが不安定である理由は、2つある。

まず第1に、第二次性徴期特有のホルモンバランスの“乱れ”。言ってみれば、体が「おたまじゃくし」から「カエル」になりかけているような時期だ。

ホルモンの発生や働きは本人にはコントロールできない。それだけでもやっかいなのに、自分がおたまじゃくしでもカエルでもないグロテスクな姿形に映る。極めて容認しがたい状態に置かれる。それがストレスとなって心のイライラを大きくすると私は推察している。

▼親の常套句「もう○○なんだから」は逆効果

第2の理由は、中高生に対する「大人社会」の対応が今までとは違った厳しいものになることだ。ちょっと前まで「子ども」であったときに許されていたことが大目に見てはもらえない。「もう中学生なんだから!」などと親は激励とも叱責ともつかない言葉を発する。それに面食らうのだろう。

この親の常套句は、「もう受験生なんだから」「もう高校生なんだから」「もう就活でしょ?」「もういい加減、結婚しないと」「もうそろそろ赤ちゃんは?」といったわが国特有の「年齢で一律に区切っていく風土」が影響していると推察される。「もう〜だから」で迫って来る強固なシステムに迎合できない子にはかなり生きにくい社会になるはずだ。

関連記事

プレジデントオンラインの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

仕事術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

仕事術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索