法隆寺とパルテノン神殿の「柱」の共通点

法隆寺とパルテノン神殿の「柱」の共通点

プレジデントウーマン 2018年9月号 掲載

世界遺産検定ってどんな検定? 合格したらどんなメリットがあるの? 資格を取ってやりたい仕事に就いたキャリアウーマンに、取得前後で人生がどう変わったか聞いてみました。

■注目が高まる「世界遺産検定」取得でどんな得があるか

京都・奈良の寺社に代表される文化財や、景観、自然など、世界で1092カ所ある世界遺産(2018年8月時点)。これらがいかにして世界遺産に登録されたのか、その国の歴史や宗教、文化を通してじっくり学べるのが、NPO法人世界遺産アカデミーが主催する「世界遺産検定」だ。06年に始まってから受検者数は増え続け、17年だけで約3万人。のべ18万人が受検している人気検定だ。受検料の一部は世界遺産基金に寄付され、世界遺産の保全活動に活用される点でも支持が厚い。

世界遺産の知識があると、どんな喜びがあるのか。検定の最難関レベル「マイスター」に認定された高橋聡美さんに話を聞いた。

「旅行が好きで、オーストラリアや京都など、長期休暇や週末に国内外をよく1人でまわりました。ただ、旅先で世界遺産を見ても、なぜそれが世界遺産なのか、ガイドブックを読むだけではふに落ちないことが度々ありました」

そんなある日、電車の中づり広告で世界遺産検定のことを知り、チャレンジしようと決意。毎日のように公式テキストを読んで知識をインプットした。

「勉強のあいだは、『あの史跡にはこんな背景があったのか』と、感動と驚きの連続。世界遺産はその国の歴史が関わってできているので、その地域の文化や宗教まで深く知ることができるんです」


関連記事

プレジデントオンラインの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

仕事術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

仕事術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索