なぜ"フリーアドレス制"は失敗続きなのか

なぜ"フリーアドレス制"は失敗続きなのか

プレジデント ウーマン 2018年8月号 掲載

不動産サービス大手CBRE。同社が導入するアクティビティベース型ワークプレイス(ABW)は、社長も管理部門も例外なく固定席はない。フリーアドレス制を超えるABWは、社員一人一人の「意識」と「働き方」をどのように変革させたのか。現場をリポートしよう。

社長室もなければ役員室もない。新卒入社の社員から役員まで誰もがフロアの好きな場所で働く。2016年10月に就任した坂口英治・代表取締役社長兼CEOも、この空間にとまどった1人だ。

「前職の三菱UFJモルガン・スタンレー証券は、バイスプレジデント以上には個室を与えてくれます。いわば個室カルチャーで育ってきたので最初はとまどいました。でも結果的に私にとってはよかった。実は社員をほとんど知らないまま着任したので、逆に自分の部屋がないことで何年分も早く、社員の顔や社内の動きを知ることができたのです」

経営者として坂口社長自身も生産性アップにつながったというこのオフィスは、フリーアドレス型をさらに発展させたアクティビティベース型ワークプレイス(以下ABW)と呼ばれる。働き方改革の究極の目的は、従業員が生き生きと働く環境の実現による生産性の向上にある。その一環として、長時間労働削減などの人事施策と並び、今、注目を集めているのがワークプレイス改革だ。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

プレジデントオンラインの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

仕事術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

仕事術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索