元専業主婦から資格取得で資産5000万円

元専業主婦から資格取得で資産5000万円

プレジデント ウーマン 2018年8月号 掲載

忙しくても、ズボらでも、着々と貯めている女性がいます。なにが違うのか。今回、資産1000万円以上の4人に、「1日・1週間・1年」というスケールでコツを聞きました。第4回は個人年収が約1100万円、資産が5000万円の沙織さんのケースです――。(全4回)

※本稿は、「プレジデントウーマン」(2018年8月号)の掲載記事を再編集したものです。

働けることに感謝!●沙織さん
●43歳 ●職業:会計の専門職(正社員) ●個人年収(税・保険料込み):1100万円 ●世帯年収:2600万円 ●家族:夫、子ども(16歳) ●趣味:旅行

専業主婦を経て出産後、仕事スタート。いくつもの資格を取得し、キャリアアップ。40歳で離婚。42歳で再婚。

■貯蓄はダイエットと同じ。無理をすると反動がきます

もともとは専業主婦だった沙織さん。出産後にキャリアにつながる資格を次々と取得し、30歳のときに週1日のパートから仕事を始めた。保育料や資格取得費用のための学校代で、なかなかお金が貯まらなかったが、37歳で国家資格を取得してからは、飛躍的に貯金がふえた。その後、不動産投資も始め、個人資産は3000万円を超え、2017年に再婚してからは世帯資産が5000万円を超えた。「働いてお金を稼げることはありがたい」と沙織さんはしみじみと語る。

お金を貯めるために心がけていることは2つ。ひとつは部屋をスッキリとさせること。

「物が少ないと何を持っているか把握できるので、管理が楽。余分なものを買わずにすみます。食べ物も洋服も同じです。それに部屋がきれいだと家でリラックスして過ごせるので、翌日また元気に働けます」

もうひとつは“無理”と“無駄”をしないことだ。

「無理に切り詰めると、必ず反動がきてストレス買いしてしまいます。だから基本的には自炊でもお弁当や作りおきはできる範囲で、時にはお総菜も使う。洋服は迷ったら買わないけれど、気に入ったら色違いもそろえるんです」


関連記事

プレジデントオンラインの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

仕事術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

仕事術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索