まじめで優秀な人ほど、昇進しにくい理由

まじめで優秀な人ほど、昇進しにくい理由

PRESIDENT Online 掲載

「人事評価が正当に行われていない企業が多い」。労働問題を扱い、数多くの経営者、企業内部を見てきた島田直行弁護士は言う。よくあるパターンは、評価されるべき人がされていないケースだ。もちろん、突き詰めれば、経営者の責任だが、なぜこんなことが起きてしまうのだろうか。あなたの会社は大丈夫だろうか。どうすれば、こんな悲劇を避けられるのか――。

■人徳がない人が選ばれる……

職場では、まじめで能力がある人が昇進するとは限らない。まじめな人ほど、周囲の評価とは逆に、なかなか昇進しないこともある。人徳も能力もなくただ“要領がいい人”が、なぜか昇進しやすいというパラドックスが企業では生まれがちだ。そういった上司のもとで働かざるを得ない社員にとっては、耐えられない事態だ。なぜこんな不条理が許されてしまうのか。原因について、整理してみたい。

原因1、“達成したこと”より“失敗がないこと”が評価される組織

事業を発展させるためには、変化を求め挑戦していかなければならない。多くの企業が、“挑戦”という言葉を企業理念のなかに入れているだろう。だが実際の人事評価が、こういった挑戦を支援するものになっているかといえば、疑問が残るところがある。企業における人事評価は、加点方式の形式をとりつつも、内実は減点方式というところが少なくない。

挑戦しても、失敗すれば人事評価はマイナスになってしまう。このような状態のまま「社員の挑戦を応援する」と社長が声高に宣言しても、誰の耳にも届かないだろう。日本の組織では、失敗というものに対してあまりにも厳しい評価がされてしまう。何かを達成したことへのプラスの評価よりも、何かを失敗したことによるマイナスの評価の方が、仕事における立場に与える影響が大きい。このような評価では、誰しも挑戦における責任を負いたいとは考えない。自分が責任を求められたときには、それをいつのまにか他の人にスライドさせるようになる。

「達成したのは自分の実力。失敗したのは誰かの責任」という厚顔無恥の人こそが、組織では失敗のない優秀な人というように映ってしまう。結果として、責任をあえて果たさない人こそが管理職になってしまう。こんなことをすれば、いかに“責任”をパスしていくかが組織全体で社内政治の中心になる。気がつけば、まじめで優秀な人があらゆる責任を背負い込んで“残念な人”になってしまう。

原因2、部下の成長が評価されない組織

組織を繁栄させるためには、部下をいかに成長させるかが管理職の役割になる。ひとりでできることには、自ずと限界がある。だからこそ、人を育てて組織として事業を展開する必要がある。これは誰しも理解していることだ。

だが、会社の人事評価においては、どうだろうか。部下を成長させたということが、人事評価においてしかるべき割合で組み込まれているだろうか。そうとは限らないのが現状だ。企業の人事評価を眺めていると、やはり中心となっているのは、“その個人としてどれだけ売上に貢献したか”ということだ。個人のスキルは大事だが、それだけが評価対象になるのであれば、誰しも部下を育てようというモチベーションにはつながらないだろう。

むしろ部下が育つほどに、自分の立場が危うくなってくる。となると管理職の意識は、“いかにして自分の現在の地位を維持するか”ということになってくる。気がつけば、現状維持的な発想の管理職が中心を占めるようになる。こういった発想を管理職が抱き始めると、目線は部下ではなく自分の上司にしか向かなくなる。誰しも自分のことを慕ってくれる者には甘くなりがちで、冷静な評価ができなくなる。社長としても「管理職として、そつなくこなしている」という印象だけの評価になり、組織が膠着化していく。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

プレジデントオンラインの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

仕事術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

仕事術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索