地方選で安倍自民党の足並みが乱れるワケ

地方選で安倍自民党の足並みが乱れるワケ

PRESIDENT Online 掲載

統一地方選は3月21日、11の道府県知事選の告示で火蓋が切られた。中央では国会審議も終始与党ペースで「安倍1強」は揺るぎないように見えるが、地方での戦いは自民党内の足並みの乱れが目立ち、違った景色が見えてくる。選挙結果によっては「安倍1強」の終わりの始まりとなるかもしれない――。

■大阪の陣、最悪なら3連敗の悪夢も

統一地方選は都道府県、市区町村の首長選、議会選を4年に1回集中的に行う選挙。知事選は松井一郎知事、吉村洋文市長の辞職で「ダブル選」が行われることになった大阪も含めて11の道府県で行われる。

11知事選は4月7日に投開票が行われる。ここで自民党は苦戦する可能性がある。大阪は「大阪都」構想を巡り、大阪維新の会の代表である松井氏が仕掛けた選挙。当然、市長選に出る松井氏、知事選に出る吉村氏が連勝を目指す。

一方、自民党側は、知事選には副知事時代、大阪都構想に異論を唱えた小西禎一氏、市長選には参院選の候補者だった柳本顕氏をくら替え出馬させる「現状では最高の布陣」で陣形を整えたが、出遅れ感は否めない。

大阪では、統一地方選の後期日程(21日)に行われる衆院大阪12区補選も待ち構える。こちらは自民党の北川知克氏の死去に伴う選挙。北川氏のおいを擁立する「弔い選挙」で必勝を期したいところだが、もし知事選と市長選で連敗するようなことになれば、2週間後の衆院補選にも影響しかねない。

それを意識しているのだろう。3月15日、市長選出馬が決まった柳本氏の訪問を受けた安倍晋三首相は「府知事選と市長選を勝ち抜かないと次の補選にも響く」と危機感をあらわにした。大阪で3連敗するようなことになると、政権がぐらつくことを予感しているのだ。

他の10知事選を見通すと、1つのキーワードが浮かび上がる。「保守分裂」だ。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

プレジデントオンラインの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

仕事術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

仕事術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索