グズでダラダラな子を変身させる夏休みの魔法

グズでダラダラな子を変身させる夏休みの魔法

PRESIDENT Online 掲載

「ちゃんとしなさい」「早くしなさい」……。なぜ、夏休みになると子供はダラダラしてしまうのか。作業療法士の菅原洋平氏は「人間の脳の特性に沿って親子で計画を立てたり声をかけたりすれば、小さな子でも時間管理できるようになり自ら動くようになる」という——。

■夏休み、ダラダラな生活リズムの子をどうするか

夏休みはふだん時間がなくてできない勉強や運動にトライできるチャンスだ。しかし、現実は「ダラダラ過ごして生活リズムがメチャクチャ」「やるべきことが終わらず親子でバトル」……。昨年の夏休みを思い出して、思わずため息が出てしまう親も少なくないだろう。

今年こそはわが子に充実した夏休みを送ってほしい。作業療法士の菅原洋平先生によると、子供の行動を変えるにはちょっとしたコツをつかむことが重要だという。

「夏休みを前に高い目標を掲げたものの、毎年計画倒れになってしまっているご家庭も多いのではないでしょうか。人間の行動は精神論では変えられませんし、長続きしません。

しかし、脳の特性に沿って予定を立てたり、空間づくりをしたり、日課を決めたりすれば習慣が身について、“やらないと落ち着かない”という状態になります」

子供は大人に比べて、経験が乏しいので“いま、どれくらいの時間が経ったか”“あとどれくらい遊んでいても大丈夫か”といった時間感覚が未熟なのだと菅原先生。

「大人が子供に指示するのではなく、子供自身が考えることで時間感覚は鍛えることができます。夏休みを上手に使って、子供の成長にもつなげていってほしいですね」


関連記事

プレジデントオンラインの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

仕事術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

仕事術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索