なぜ高校生でも親の虐待には逆らえないのか

なぜ高校生でも親の虐待には逆らえないのか

PRESIDENT WOMAN 掲載

2004年に弁護士の坪井節子さんが仲間とともに開設した「カリヨン子どもセンター」は、家庭に問題があって逃げ場がない子どもたちを救うシェルターだ。そこにたどりつく子どもたちの姿から見える教育虐待の実態とは――。

※本稿は、おおたとしまさ『ルポ 教育虐待』(ディスカヴァー携書)の一部を再編集したものです。

■シェルターにやってくる女の子たち

「カリヨン子どもセンター」にやってきたある女の子は、坪井さんに、「どうせ弁護士はたくさんお金もらっているんでしょ」と言った。坪井さんは笑いながら答えた。「何言ってるのよ。あなたたちのご飯代のために寄付を集めてくることで精いっぱい。私たちがもらえるわけないでしょ!」。

すると女の子はこう言った。「お金ももらってないのに、なんでこんな仕事しているの?」。坪井さんはまっすぐ少女の目を見て言った。「あなたの命が大事だから」。女の子は「うっそだ〜!」と言いながら笑った。うれしそうだった。

子どもたちはしばしカリヨンで傷ついた羽を癒やし、巣立っていく。カリヨンに身を寄せるのは平均して約2カ月間だという。ちなみに2011年以降は、シェルターの運営に対し、厚生労働省から補助金が支払われるようになっている。

現在「子どもシェルター全国ネットワーク会議」に参加している団体は21。カリヨンのようなシェルターは全国で計14カ所稼働しているが、まだまだ足りない。シェルターにたどり着く子どもたちは児童虐待や不適切養育の被害者のごく一部。氷山の一角でしかない。

坪井さんは「カリヨン子どもセンター」に逃げてきた子どもたちのエピソードを教えてくれた。

Aさんは有名私立高校に通う成績優秀な高校3年生だった。世間一般的に見れば、いわゆる「いいところのお嬢さん」。なんでも親の言う通りにする典型的な“いい子”だった。

しかし家庭では、成績のことで罵声を浴びせられたり叩かれたりということが頻繁にあった。さらに志望大学をめぐって母親と意見が対立したところから、教育虐待が激化する。2時間以上罵声を浴びせられたり、座っている椅子を蹴られ床に倒れたところにさらに蹴りを入れられたりした。

Aさんは学校の先生に相談した。しかし先生もどうしていいかわからない。耐えられなくなったAさんは家出をする。するとあっという間に暴力団に声をかけられ、騙され、危険な状況に陥った。

かろうじて友人に電話をすることができて、救出された。しかし彼女は自宅に帰るのも危険だと判断する。福祉事務所に相談し、カリヨンに逃げてくることができた。

■逃げられただけでも偉い

Bさんは開業医の父親から、「医者になれ」と命じられてきた。しかし高校3年生になったとき、薬剤師になりたい意思を父親に告げた。父親はそれを許さなかった。そこから父親による暴力が始まる。耐えられなくなって家出し、カリヨンに逃げ込んだ。

高校3年生にもなってなぜ親に言い返すことができないのか、不思議に感じるひとも多いだろう。しかし幼いころから常に「支配―被支配」の関係のもとで育てられた子どもには、逆らうという選択肢がないのだ。ある少女は親のことを「メデューサ」と称した。にらまれたら身動きがとれなくなる。

坪井さんは、カリヨンにやってきた子どもたちに、「逃げられただけでも偉い」と声をかける。(中略)


関連記事

プレジデントオンラインの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

仕事術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

仕事術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索