"中の人"がすべてバラす「文春砲」の弾の込め方

"中の人"がすべてバラす「文春砲」の弾の込め方

PRESIDENT 2019年10月4日号 掲載

数々のニュースをスクープし、問題提起も行ってきた名物編集者たちが、平成を象徴する事件の報道を担った雑誌ジャーナリズムの舞台裏を明らかにし、ネット社会で週刊誌が生き残るために何をするべきかを探る。

■「気味悪い脳の工作を作った子」

【松井(司会)】今日はスクープを連発して「文春砲」を定着させた『週刊文春』前編集長(現編集局長)の新谷学さんと、2019年4月から『週刊朝日』の編集長になった森下香枝さんに集まっていただきました。

われわれ3人の接点は、1997(平成9)年。私が週刊文春の編集長になったときで、2人と一緒に週刊文春をつくることになりました。新谷さんにとってこれまでで印象深い記事は何?

【新谷(文春)】初めて週刊文春に配属されて、最初に書いた記事が地下鉄サリン事件でした。

【松井】霞ケ関駅に向かう5編成の地下鉄でサリンが撒かれたんだけど、被害者がたくさん出た車両の状況を徹底的に取材して、活き活きと描写していた。


関連記事

プレジデントオンラインの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

仕事術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

仕事術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索