「育児中だけ仕事を辞める」の恐るべきリスク

「育児中だけ仕事を辞める」の恐るべきリスク

PRESIDENT WOMAN 掲載

働き方評論家の常見陽平さんは、家事・育児を男女同等に担うのと同様に、稼ぐことも「男だから」「女だから」を問わずサボってはいけない重要な家事の一つと指摘します。ジェンダーの役割を互いに押しつけるのではない新しい時代の家庭運営とは。

※本稿は常見陽平『僕たちは育児のモヤモヤをもっと語っていいと思う』(自由国民社)を再編集したものです。

■共働き家庭における家事分担論争

一時期、共働き家庭における家事分担論争が盛り上がったことがありました。

2018年の明治安田生活福祉研究所(現明治安田総合研究所)の調査では、夫婦ともに正社員の共働き世帯の場合、理想とする夫の家事分担割合は、平均すると夫も妻も約4割。夫が正社員で、妻が非正社員や専業主婦の世帯では、夫側は平均3.7割に対し、妻側が4割の負担を理想としていることがわかりました。

ところが同時に、現実の夫の家事分担割合は、夫の言い分より妻の認識のほうが低いということが明らかになったのです。

現実の夫の家事分担割合は、夫婦ともに正社員の共働き世帯で、夫の言い分は「3割」が最も高く、妻の認識は「1割以下」が最も高くなりました。夫が「やっている!」と思うほど、妻は、夫が実際に家事・育児を分担しているとは感じていなかったのです。

夫「家事や育児の3割くらいは俺がやっている」
妻「あなたのやっている家事は私の10分の1」

というわけです。


関連記事

プレジデントオンラインの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

仕事術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

仕事術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索