日本の歴史と文化をめぐる"大人の教養旅"7選

日本の歴史と文化をめぐる"大人の教養旅"7選

プレジデント ウーマン プレミア 掲載

教科書で習った歴史や、本で読んだことがある日本文化――。実際に見て肌で感じて、学びませんか。お金に換えられない経験は、何倍にもなって自分に返ってくるはずです!

■“眼下”にそびえる4000年前の巨木

南北に弓なりに延びる日本列島は、気候や文化、歴史において、地域ごとにさまざまな特色を持っている。だから、ほんの1〜2泊のショートトリップであっても、視点を変えるだけで普段暮らしている地域にはない新鮮な発見が得られるはずだ。ここではそんな学びや発見のある旅の目的地を提案。まさに自己投資にもってこいの7つのスポットを順に紹介したい。

まず取り上げるのは埋没林だ。埋没林とは、火山活動による火砕流にのみ込まれるなどして、森林の全体(または一部)がそのまま地中に埋没したもの。樹木が化石のように土中で保存され、生きていた当時の姿を今日に残す、学術的にも貴重な遺産となっている。

日本にはこうした埋没林が全国におよそ40カ所確認されており、なかでも島根県の「三(さん)瓶(べ)小豆(あずき)原(はら)埋没林」は、長大な幹が直立した状態で残った、世界でも珍しいサンプルだ。地上の平地に設けられたゲートをくぐると、らせん状の階段が延々と地下13mの深さまで続く。眼下に杉の巨木がそびえ立つ光景は圧巻だ。


関連記事

プレジデントオンラインの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

仕事術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

仕事術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る