「独裁者」が企画したイベントが盛り上がる理由

「独裁者」が企画したイベントが盛り上がる理由

PRESIDENT Online 掲載

日本版ダボス会議を目指して10年前に始まった「G1サミット」と、鎌倉で働く人たちの交流の場として昨年オープンした「まちの社員食堂」。規模はまったく違うが、どちらも発信力のあるイベントだ。立ち上げに関わった面白法人カヤックの渡辺裕子さんは、「私のイベントづくりには共通のコンセプトがある」という——。

■「日本をもっとよくしたい!」から始まったG1サミット

「G1サミット」というのは、日本版ダボス会議をつくりたいというグロービス代表である堀義人氏の想いから始まったものです。私は当時、社内で在籍していた部署がクローズになって社内失業し、ITベンチャーの経営者が集うカンファレンスの仕事をすることになりました。

そのとき、経営者同士がふだんはあまり話をする機会がないことを知り、「各分野のリーダーたちが集まって意見交換する場」をつくることができれば、きっと何か大きな価値を生むと考えたんです。

堀さんの頭の中には、すでにダボス会議のイメージがありましたから、「じゃあ、やってみよう」と始まったのが2009年です。すべて手探りのスタートでした。私たちがG1サミットによって実現したいと考えたのは、「日本をもっとよくしたい」ということです。

そのためにはどんな集合体であるべきか、どんな場所を提供すべきかを考え、検討する日々が続きました。最終的には、未来を考える場、分野を越えた交流、相互からの学び、コミュニティー強化、といったコンセプトが固まりました。第1回は107人の参加者でしたが、いまは300人を超えています。


関連記事

プレジデントオンラインの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

仕事術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

仕事術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る