働く母が「お受験」で成功するための5か条

働く母が「お受験」で成功するための5か条

PRESIDENT WOMAN 掲載

小学校受験をするのは専業主婦家庭が当たり前、という時代は終わり。今は共働きでの小学校受験も増えているという。幼児教育50年の専門家が教える、働いているからこそ子どもに語れることとは――。

■働く母にとってのハードルは

“小学校受験は専業主婦が当たり前”の時代は終わりました。中学受験を避けたいという理由で、小学校受験を選択する共働き家庭も増えてきたのです。

近年、小学校受験を実施している名門小学校でも、共働き家庭の理解が広がりつつあります。親が家庭にいてしつけをしたり、勉強を見ることができる専業主婦家庭が断然有利だと思われがちでしたが、共働きだからといって入試で不利になることはありません。そのことを前回の記事(「働く母こそ小学校受験すべきこれだけの理由」)で詳しく書きました。

しかしそうは言っても、いざ小学校受験の教室へ通うと、働くママにとってはまだまだハードルが高いことばかり。塾の送迎のために仕事を早退せざるを得なかったり、願書にはフルタイムで働いていることを大っぴらに書くことを遠慮するように指導されたり……。

そこで今回は、共働き家庭の小学校受験対策の工夫や、具体的な方法論について迫ります。


関連記事

プレジデントオンラインの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

仕事術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

仕事術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る