なぜ前向きすぎる人とは距離を置くべきなのか

なぜ前向きすぎる人とは距離を置くべきなのか

PRESIDENT WOMAN 掲載

攻撃的な人や、いつも不機嫌な人のそばにいると、自分の心にも悪影響。産業医の井上智介さんは、これら2タイプ以外にも、距離をおいたほうがいい人がいると指摘します。一見、明るく充実した生活をしているように見えるのに、近づくと悪影響があるマニック・ディフェンサーとは――。

※本稿は井上智介『職場の「しんどい」がスーッと消え去る大全』(大和出版)の一部を再編集したものです。

■心の葛藤を隠すために明るく振る舞う

マニック・ディフェンサーとは、簡単に説明すると、心に葛藤を強く抱えているにも関わらず、それを隠すために明るく振る舞っている人のことです。

このマニック・ディフェンスは心理学的には、人間の防衛本能とも言われており、葛藤から生まれる心のつらさを、無理してポジティブな言動や振る舞いでカバーして隠している心理状態なのです。


関連記事

プレジデントオンラインの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

仕事術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

仕事術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る