PRESIDENT WOMAN Online 掲載

雨の日だからって、仕方なく靴を選んでいませんか? スーツに合わない、汚れてもあきらめる、濡れて気持ち悪い……実はそんなストレスからいち早く開放してくれる優秀なパンプスがあるんです。働く女性の雨の日の足元問題が今日、ズバッと解決します!

■「雨の日は“変な靴”でもしようがない」は時代遅れ!

働く女性の通勤スタイルにおいて、季節を問わず気になるのが“雨の日の足元問題”。とくにスーツやそれに準ずるきちんとした装いなど、フォーマルな着こなしがマストなキャリア女性においては、長靴やラバーシューズなどではどうにも足元が締まらない。かといって無理にパンプスを履いて家を出たとしても、汚れや染みが気になるし、濡れた路面で滑ったり、時には転んだりする危険性もあり……ちょっと心配ですよね。

もちろん、「通勤の間だけ」「クライアントの会社まで移動するときにだけ」と割り切って、利便性に特化した靴に履き替えるのも悪いことではありません。しかしながら悪天候の中、大荷物で出勤したり、短い時間とはいえスーツにミスマッチな靴を履くのは意外と大きなストレスです。なかなか叶わないこととはわかっていながらも、天気のことなど気にせずに毎日靴を選べるのなら……こんなに時短になることはありません。

実際に雨の日の通勤電車の中を見渡すと、カジュアルな雨靴か、もしくはある程度履き込んだ“2軍の靴”を登板させている人がほとんど。本意ではないけれど「割り切って」もしくは「しようがなく」靴を選んでいることがわかります。