PRESIDENT Online 掲載

あなたの職場の「最年長社員」はどんな人だろうか。スターバックスのスタッフで最年長の山田勝子さん(76)は、2019年から週2回、東京都町田市の店舗に立っている。山田さんは「縁があって出会うことができた人との関係は大事にしたい」と働く喜びをかみしめる。連載ルポ「最年長社員」、第6回は「カフェ店員」——。

■「かっちゃんと呼ばれるのは小学生以来です」

「戦中派」という言葉はどれくらいぶりに聞いただろうか。

「私は戦中派だから変な言葉遣いでしたらごめんなさいね。こないだも、エプロンを前掛けと言ったり、死語を使うことも多くて」

スターバックス コーヒー ジャパンの最年長パートナーとして働く山田勝子さんは開口一番そう言った。先日も「それって“爪で拾って箕(み)でこぼす”ですよね」と若いスタッフに言うと、怪訝(けげん)な顔をされたという。1943年生まれの76歳、第2次世界大戦中に生まれた。昨年11月から南町田グランベリーパーク店のスタッフとして、フロアでの接客やホイップ作りやコーヒー計量などの仕込み、食器の洗浄や掃除などを行っている(※)。

「かっちゃんはうちの看板娘なんです」

50歳以上も年下の、孫の年齢ほどの社員がそう言葉を挟むと、山田さんは白い歯を見せて笑った。

「かっちゃんと呼ばれるのは小学生以来です。最初はちょっと戸惑いましたが、だんだん慣れてきました」

若いスタッフが多いスターバックスで、山田さんは「かっちゃん」となって、どうして働くようになったのだろうか。

※取材当時