プレジデント ウーマン プレミア 掲載

社会人になって10年以上にもなれば、誰でも1度や2度は転職を考えたことがあるはず。コロナショックで不況の影がしのびよる中で、不安もつのるけれど今どうしたら幸せな転職ができるの? 2人の敏腕転職エージェントが答えます!

■コロナ不況でも「35歳以上の転職で勝てる女性」とは

「人間関係や職場環境が悪い」「やりたい仕事ができない」など転職の理由はさまざまだが、給与など待遇への不満はその大きな理由になる。しかし転職後、新しい環境でこれまでと同じ成果を出せるか未知数の部分があるため、転職によって収入を上げるのは簡単ではない。パーソルキャリアが運営する転職サービス「doda」の調査によると、転職後に年収がアップした人は30代で56.2%、40代でも56.2%、50代以上では39.7%(グラフ参照)だ。では、“転職後に年収が上がる人”になるにはどうしたらいいのか。

「業界をまたいでも、これまでの経験を生かすことができる、専門的な知識やスキルを持つ人は転職に強い。例えば、人事は専門領域を高めていきやすく年収が落ちにくい傾向があります。また、昇進するほど経営視点が必要になる場合もあるので、人事×ファイナンスなど“掛け算のスキル”を持っていると転職市場での価値が上がりやすいですね」と、パーソルキャリアエグゼクティブエージェントの西川晴之さん。

また、Keep in touch社長の田畑晃子さんは「ポストコロナで混沌(こんとん)としそうな転職市場ですが、ITを基盤とした流通、医療、暮らし、クラウドサービスなどの成長産業・企業、ベンチャー企業で依然求人が多そうです。ITの知識やスキルを持つ人は、ある程度の収入アップを狙える可能性が高いです」と語る。