PRESIDENT WOMAN Online 掲載

コロナショックを機に一気に普及したZoom会議。そろそろ慣れてきたという人は、次は司会進行役「ファシリテーター」に挑戦してみては? Zoom会議で一目置かれる“仕切り術”を、ファシリテーション講師のちょんせいこさんに聞きました。

■会議は「集まり」から「つながり」へ変化

コロナ前は、会議と言えば「全員が一室に集まるもの」でした。しかしコロナ以降は「オンラインでつながる会議」も一般的になりました。コロナを機に、会議のスタイルは「集まり」から「つながり」へ大きく変化したと言えるでしょう。

Zoom会議を従来通り「集まり」だと考えていると、「リアル会議よりも場の雰囲気が読めず発言しにくい」「議論がどこまで進んだのかわからない」といった認識のギャップが生まれやすくなります。その結果、参加者の姿勢も受け身になり、なかなか成果が上がらなかったり、参加者の満足度が低い会議になってしまったりします。

最近は「Zoom会議をスムーズに進行させるにはどうすれば良いか」というご相談を多くいただくようになりました。いくつかのZoom会議を見学させてもらいましたが、やはり「つながる」ための工夫をしているかどうかで、大きな違いが出ています。また、リアル会議で「つながり」を大切にしてきたチームは、比較的スムーズにZoom会議も運営できているようです。