プレジデント Digital 掲載

■渡部建がついに口を開いた……

緊急事態宣言が解除された6月、自粛明けに飛び込んできた二つの芸能ニュースに日本列島は翻弄される二週間となった。

一つは、美人女優と結婚した好感度抜群のお笑い芸人の不貞行為。もう一つはジャニーズ事務所の人気アイドルグループのコロナ禍の外出スキャンダルだ。

まずは、6月4日発売の『週刊文春』で、複数人の女性との不倫が報じられたアンジャッシュの渡部建さん。彼は同誌発売前に芸能活動の自粛を文書で発表し、現在、すべてのレギュラー番組を降板。今もなお、芸能活動を自粛している。

現在まで記者会見も開かず、メディアへの露出は一切控えていた渡部さんだが、25日発売の『週刊文春』で、所属事務所人力舎社長の玉川大社長とともに文藝春秋社を訪問し、同誌の独占インタビューに答えている。

インタビューでは、渡部さんは佐々木希さんのことについて「今でも妻を愛しています」と表明し話題となったが、筆者はそもそも当初玉川社長は渡部さんの扱いを「(不倫スキャンダルを起こした)他の方々がやってきていることと同じようにするしかないと思っていました」と語ったことに注目する。

つまり、渡部さんはお笑い芸人なので、不倫スキャンダルをまずは謝罪させたあとは、“ネタ”にして、芸能界に復帰させる流れを想定していたようだ。

※編集部註:初出時、「人力舎社長の玉川善治社長とともに」としていましたが、正しくは「人力舎社長の玉川大社長とともに」でした。お詫びして訂正します。(6月29日23時07分追記)