全日本プロレスは24日、東京・後楽園ホールで「2021 NEW YEAR WARS」【最終戦】を開催。
メインイベントで三冠ヘビー級選手権が行われ王者・諏訪魔 vs 挑戦者・芦野祥太郎がぶつかり合った。

「2021 NEW YEAR WARS」【最終戦】
日時:2021年1月24日(日) 11:30開始
会場:東京・後楽園ホール
観衆:667人

三冠戦は王者の諏訪魔が芦野祥太郎を指名。

芦野は試合前に、自身のTwitterにて「諏訪魔さんから逆指名 光栄です 俺は正々堂々、諏訪魔さんに挑みます 三冠を獲って、プロレス界に名を刻みたい」と意気込みを述べ、対する諏訪魔も「三冠戦後、次世代若手の中で一番気になっている芦野翔太郎を呼び出して次の三冠戦は有観客試合でやりたいと伝えて、芦野からは了承を得た。あとは全日本プロレス・PWFに検討してもらいます。レスリング対決だ!オイッ!!」と互いに気勢をあげていた。

芦野祥太郎は徹底した足攻めで三冠王者を苦しめる。

負けじと諏訪魔も芦野に足攻め返し

芦野のムーンサルトプレスは諏訪魔にかわされてしまう

最後は猛烈なラッシュからバックドロップホールドで三冠王者が貫録をみせつけた。

▼三冠ヘビー級選手権試合
【第63代王者】〇諏訪魔
VS
【挑戦者】✖芦野祥太郎
26分41秒 バックドロップホールド
※諏訪魔が5度目の防衛に成功

試合後には、佐藤耕平が諏訪魔の前に登場。次回の防衛戦は188cmの諏訪魔と193cmの佐藤耕平による全日本プロレスらしい大型ファイトになりそうだ。

(写真提供:伊藤ミチタカ氏)