旬の甘くて美味しいキャベツ、冷蔵庫の中で使い切れず残ったままになっていませんか?鮮度も味も落としてしまうのはもったいない!

今日は、大量消費できる「キャベツ×食材1つの作り置きおかず」を作るコツをお伝えします。

【大量消費するには?】
かさを減らすため、日持ちさせるためには茹でる、炒める、蒸すなどの加熱調理がオススメです。
加熱すれば、一気にかさが減り、意外とペロリと食べられます。
耐熱性の保存容器に入れ、電子レンジで調理すれば、お湯を沸かす手間や洗い物も少なく、そのまま冷蔵庫で保存できて楽ちんです♪

【どんな食材が合う?】
「おかずになる」ということで、しっかり味が染みる油揚げがオススメです。
切ったキャベツと油抜きした油揚げを、コンソメ、酒、オリーブオイルで蒸し焼きにすれば、じゅわ〜と味が染みてご飯が進む一品に。

和風だしと醤油、コンソメとトマト缶など味付けのアレンジもできます。
また、あっさりしたキャベツを食べ応えのあるおかずにするには、厚揚げ、鶏肉、豚肉、ソーセージがぴったりです♡
一緒に炒めて、味噌やポン酢など家にある調味料で味付けするだけで立派なおかずになります。

キャベツに限らずですが、旬の野菜はシンプルな調理や味付けだけでも十分美味しいので、普段のおうちごはんは気負わず試してみて下さいね♪

(テキスト:宇田川 みさき)