豆腐が使いきれない時、どのように保存していますか?
あまり長持ちしないイメージの豆腐ですが、おいしさをキープしたまま保存できる方法があります。
今回は余らせてしまった豆腐の保存方法と、おすすめの豆腐レシピをご紹介します!

■使いきれなかった豆腐を冷蔵保存する方法

できれば1度に使い切りたい豆腐ですが、開封後に残ることもありますよね。
そんな時はプラスチック製の密閉容器等に水に浸して冷蔵しましょう。
1日1回は水を変えることを忘れずに。水を変えないと徐々に旨みが薄まってしまうこともあります。
また、水に浸さずに冷蔵もできますが、水に浸す場合に比べて新鮮さをキープできる日数が減ってしまいます。

■豆腐は冷凍で保存することもできる?

すぐに食べられない時は冷凍保存も可能です!
冷凍すると高野豆腐のようなスポンジのような食感になります。
味が染みやすくなり、食感も楽しいです。
煮物や炒め煮に使うのはもちろん、ぜひ試してほしいのが唐揚げ。
まるで鶏肉のような食感になります。

■豆腐を使ったおすすめレシピ

豆腐はそのままでも炒めても焼いても◎
シンプルな味なのでいろいろな使い道がありますよね。

火を使わずにすぐできる冷奴は、いろいろなトッピングで楽しめます。

ひき肉だけじゃなく、豆腐を入れたハンバーグはしつこくなくとてもヘルシーです。
節約にもなりますね。

市販の素を使わずに、本格的に麻婆豆腐を作るのも楽しいです♪
基本だけ覚えたら、甘さや辛さ、香辛料の量などお好みで調整して自分好みの味を見つけてみましょう。

(テキスト:山本 和枝)