モバイル決済普及で変化、買い物限度額なしで消費スピード上昇―中国

モバイル決済普及で変化、買い物限度額なしで消費スピード上昇―中国

「携帯電話で口座振替の暗証番号を打つと、あっという間にお金が振り込まれていく」。データによると、中国では毎日、このような動作が数億回も行われているという。

こうした流れの中、「外出時にサイフを持つ必要はないし、お金は使えば使うほど使うペースが速くなっていく」と感じる人は多い。それでは携帯電話によるモバイル決済の普及にともない、人々の「懐具合」に何か影響はあるのだろうか。

▽モバイル決済が普及

中国インターネット情報センターが発表したデータをみると、昨年12月末現在中国の携帯電話によるオンライン決済の利用者は4億6900万人で、年増加率は31.2%、ネットユーザーの携帯オンライン決済の利用率は57.7%から67.5%に上昇した。ネットユーザーのモバイルバンキング利用率は48%で、人数にして3億3千人に上った。

「微信支付」(WeChatペイメント)の提供したデータによると、2016年12月末現在、騰訊(テンセント)のモバイル決済月間有効口座数および一日平均決済取引件数がいずれも6億を超えた。統計会社クエストモバイルが発表した17年第1四半期(1〜3月)の中国モバイルインターネット全体状況報告では、「支付宝」(アリペイ)の月間有効ユーザー数は3億5300万人に達したという。

▽モバイル決済の普及でお金は使えば使うほど使うペースが速くなるか?

携帯電話でのモバイル決済の急速な普及にともない、人々のお金を使うペースに影響が出ているだろうか。「使うペースが速くなっている」という答えにうなづく人は多い。仕事の関係でよく出張に行く静静さん(仮名)は、「前にもいろんな所に行って、そこの特色ある商品を見ると、買いたいと思ったが、当時は手持ちの現金が足りなくて、あきらめるしかなかった」と振り返る。

静静さんは続ける。「でも今は違う。オフラインでもオンラインでも便利になり、ショッピングセンターから果物を売っている屋台まで、どこでも微信支付や支付宝が使える。衣食住交通のすべてがモバイル決済でまかなえるので、知らないうちにかなりの出費になっている」という。

繁華街をぶらぶらするのが好きな劉丹さん(仮名)は、「モバイル決済の普及にともなって起きた目立った変化の一つは、ウィンドーショッピングで出費の限度額を決めなくなったことだ。これまではたとえば1千元(1元は約16.4円)持って行って、それを使い果たしたら買い物は終わりだった。でも今では微信支付や支付宝などが銀行カードとリンクしていて、ショッピングの限度額が銀行カード(の口座にある金額)を使い果たすまでになり、知らず知らずたくさんのお金を使ってしまっている」と話す。

易観智庫がこのほど発表した「中国第三者モバイル決済市場四半期モニタリング報告」によれば、17年第1四半期(1〜3月)には、中国の第三者モバイル決済市場の取引規模が18兆8千億元に達し、前年同期比46.78%増加したという。

▽ますます生活と密接になるモバイル決済

モバイル決済と人々の暮らしとの関わりがますます密になっている。微信支付が提供した資料をみると、微信支付を中核とした「スマートライフソリューション」サービスがこれまでにカバーした店舗や機関などは30を超える産業の100万カ所に達し、利用者は微信支付を通じて病院にかかったり、買い物をしたり、食事をしたり、旅行にも行けば、水道代や電気代などの公共料金を支払うようにもなった。微信支付は暮らしのあらゆる場面に深く浸透している。

こうした状況の中、店舗におけるモバイル決済の普及が推し進められていることは確かだ。小規模小売業者から、「微信支付や支付宝を導入しないと、商売に影響が出る」という声も聞こえてくる。

だが艾瑞諮詢の最新の報告書をみると、中国のモバイル設備の浸透率と決済シーンのカバー率は基本的に飽和状態に達しており、今後はオンラインとオフラインの融合や決済シーンの革新がモバイル決済成長の新たな原動力になるとみられるという。(提供/人民網日本語版・編集KS)

関連記事

レコードチャイナの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済のニュースランキング

ランキングの続きを見る

経済の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索