英国のファーウェイ5G参入容認は米国を激怒させるのか?

2019年4月25日、中国紙・環球時報は、英国のメイ首相が同国における5Gネットワーク構築へのファーウェイ(華為技術)の参入を一部で認めたことに関する英各紙の報道を伝えた。

英紙デイリー・テレグラフは23日、「米国や一部の英政府官僚の警告を受けながらも、メイ首相率いる国家安全委員会はファーウェイがアンテナシステムなど5Gネットワークづくりにおける『非核心部分』のインフラ構築に部品を供給することに同意した」と報じた。

また、英紙フィナンシャル・タイムズはこの決定の背景について、ハモンド財務相が中国訪問を控えていることがあると分析。「内務相、国防相、外相などの高官はファーウェイに対し憂慮を示したが、最終的にはコンセンサスに至ったうえでの決定だった」と伝えている。

環球時報はこれらの報道に対し、ファーウェイが24日に歓迎の意を示すとともに「引き続き英国の政府や業界と積極的に協力を進めていく」とコメントしたことを紹介した。

一方で、英国内では一部で反対の声も出ているとし、「メイ首相は官僚の80%の反対を顧みず独断で決めた。この決定は米国を激怒させるだろう」とする英紙タイムズの24日付報道を引用した。また、英下院外交委員会のトゥーゲントハット委員長が英BBCの取材に対して、「核心部分と非核心部分の区分けは困難であり、英政府の決定はわれわれのデータセキュリティー保護能力に対する盟友の疑念を生むことになる」とコメントしたことを伝えている。

中国の通信専門家である立剛(リー・ガン)氏は「核心部分というのは、データ伝送などのネットワーク管理体系だろう」との見方を示した上で、「これまで全面禁止とされてきたものが一部参入可能となったことはポジティブなニュースであり、今後、中国企業が欧州で5G整備に参入するチャンスがますます大きくなりつつあることを示すものだ」とした。(翻訳・編集/川尻)


関連記事

レコードチャイナの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索