わずか4日間でワンフロアを仕上げる「優れもの」空中ビル建設装置

わずか4日間でワンフロアを仕上げる「優れもの」空中ビル建設装置

2019年全国科技活動ウィーク及び北京科学技術ウィークのメインイベントが20日、軍事博物館で開幕した。

重大科技革新成果第二展示ホールで、来場者が「中国尊」模型東部の「空中ビル建設装置」に感嘆の声を漏らしていた。この超高層ビル施工設備の使用により、施工エレベータ直通プラットフォーム、ダンププラットフォーム、コンクリートディストリビュータ、プレハブ、資材置場などのモジュールの集積を可能としており、その工期を20%短縮し、わずか4日間でワンフロアの構造を仕上げる施工ペースとなる。同プラットフォームの高さは7階建てのビルに相当し、鉄塔式クレーンなどの装備と施設を兼ねている。ピーク時には200−300人が同時に施工でき、その荷重力は2000トンで、14級の強風に耐えることができる構造となっている。(提供/人民網日本語版・編集/YF)


関連記事

レコードチャイナの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索