過去最高額で落札されたバフェット氏とのランチ、その価値はいずこに

新概念作文コンクールで1等賞、北京大卒、90後(1990年代生まれ)の起業リーダー、馬雲が学長を務める湖畔大学初の90後の卒業生、仮想通貨トロンの創業者……目もくらむような数々のキャリアをもつ孫宇晨氏に、このほど新たな肩書きが加わった。「3100万元(約5億円)払ってバフェット氏とランチを食べる権利を手に入れた男」だ。

「投資の神様」のウォーレン・バフェット氏とランチができる権利を競う第20回チャリティオークションが6月1日、456万7900ドルという破格の落札額で終了し、過去20年で最高の落札額になった。

米国東部標準時の3日、権利を落札した神秘的な人物が明らかになった。孫氏が自身の微博(ウェイボー)とツイッターで、過去最高の456万7888ドルで競り落としたことを明らかにしたのだ。

■この中国の90後はどんな人物?

資料によると、1990年7月生まれの孫宇晨氏はトロンの創業者で、運営するSNSアプリケーション「陪我」は「90後のモバイルSNSの第三極」などと呼ばれる。個人の公式微博の情報によると、馬雲が学長を務める湖畔大学の第1期生、陪我の会長兼最高経営責任者(CEO)、微博が契約したセルフメディアとある。また2017年の米経済誌「フォーブス」が選んだ中国の30歳以下のエリート30人番付にも入っている。

創業したトロンはビットコインと同じく、ブロックチェーン技術をベースにした仮想商品(バーチャルグッズ)。4月29日には日本のソフトバンクグループの孫正義会長兼社長がビットコインに続いてトロンにも投資した。トロンはバージョンアップを経て、世界仮想通貨ランキングの6位に躍進し、時価総額は1000億元(約1兆6000億円)を超え、出金の効率はイーサリアムの400倍以上だ。

■困ったバフェット氏

天井価格でバフェット氏とのランチを落札した時は、孫宇晨氏にとって人生で最高の瞬間だ。孫氏はブロックチェーン産業の著名人も招いてバフェット氏と交流を深め、ひいてはこのトップレベルの伝説の投資家にデジタル通貨への理解を深め親しみをもってもらいたいと考えている。

しかしバフェット氏のビットコイン嫌いは有名で、これまでもたびたび激しく攻撃してきた。

バフェット氏は2018年のバーシャー・ハサウェイ社の株主総会で、ビットコインは「殺鼠剤の2乗のようなもの」と述べ、「デジタル通貨に未来はない」と予言し、「生産力のない投機資産であり、どれだけの人が認めるかどうかで価値が決まるようなもの」と断じた。今年2月に米放送局CNBCの取材に答えた際には、「ブロックチェーンは重要だが、ビットコインには独創的な価値はなく、本質的に一種の錯覚だ」と述べた。

ビットコインとブロックチェーンの違いは確かに大きい。単純化していえば、ブロックチェーンはビットコインを支える技術だが、応用範囲はより広く、ビットコインのようなデジタル通貨を開発するだけでなく、送金や品質コントロールや顧客情報のストックなどに利用できる。

ブロックチェーンの特徴はデータ構造の改ざん耐性と偽造防止を保証できる点にあり、脱中心化、開放的、匿名性といった特徴もあり、最も典型的な技術応用がビットコインになる。

孫氏はツイッターで、「バフェット氏とランチを食べるのを楽しみにしている、理解しあい、知識を交換し合う絶好のチャンスになる。トロンと昨年1億2000万ドルで買収したファイル共有ソフト『ビットトレント』が新時代を迎えるだけでなく、ブロックチェーンの歴史全体にとって重要な一歩にもなる」と発信した。

今回のチャリティーランチはどのように火花が散る展開になるのか、期待は高まるばかりだ。

■天井価格のランチは割に合うのか?

孫氏はバフェット氏とランチを食べる4人目の中国人だ。

08年には中国の「ファンドの父」と呼ばれる趙丹陽氏が211万100ドルで落札し、バフェット氏に香港市場に上場する物美商業を薦めると、同社の株価は上昇を続け、趙氏は1億香港ドル(約14億円)の利益を得た。これ以降、バフェット氏は個別銘柄についてランチで話題にすることを避けるようになったが、世界各地の人々の間でオークションへの情熱が冷めることはなかった。初めて落札した中国人の段永平氏はランチ後に投資家になり、創業した歩歩高は分裂してOPPOとvivoの2大携帯電話ブランドに発展した。朱曄氏の場合はランチの後、会長を務める天神娯楽の株価が90%近く上昇した。

もう1つ別のエピソードもある。かつて前出の段氏とともにバフェット氏とランチを食べた黄錚氏は、今では拼多多の創業者だ。

つまりこういうことだ。段氏がお金を出してバフェット氏を食事に誘い、黄氏はただで食事が出来ただけでなく、ただで「投資の神様」のアドバイスももらえた。黄氏は後日のインタビューで、「今回のランチは、単純であることとチャレンジの重要性を教えてくれた」と述べ、しばらくしてグーグルの仕事をやめ、数年後に拼多多を創業した。

■バフェット氏とのランチが天井価格になるのはなぜか?

バフェット氏とのランチはただ一緒にステーキを食べるといった単純なことではない。これまでも相当な落札額だったが、今年はさらに400万ドルを突破し、12年と16年の345億6780万ドルを上回り、過去最高を更新した。

天井価格になる根本的な原因は、バフェット氏自身が値段のつけられない宝の山だからだ。バフェット氏の時間という機会コストがランチの価値を決定する。

伝説に彩られた「投資の神様」は過去23年間損失を出したことがなく、100ドルでスタートした投資は1000億ドル規模の投資帝国へと大きく発展した。またバフェット氏は現在唯一の、株式投資と企業の合併買収(M&A)だけで世界一の富豪になった投資の天才だ。

バフェット氏は自身の時間コストを利用して巨額の富を直接生み出しただけでなく、時間がもたらす価値や付加価値を落札者に伝えてきた。落札者にとってみれば、年に1度のチャリティランチは、バフェット氏が89歳と高齢であることを考えると、非常に貴重な機会であり、他では替えられない機会だ。そこで天井価格になったとみられる。

落札者はランチの中で唯一無二の投資のレッスンを受ける機会を得られるだけでなく、落札者と同行者の世界的影響力やランチへの注目度が極めて大きな広告の役割を果たすことにもなる。

ランチでタブーの話題は多くないが、「個別銘柄」は例外だ。さきに落札者がランチの機会を利用してバフェット氏に個別銘柄を薦め、株価の大きな変動をもたらしたことから、バフェット氏はただちに「個別銘柄について話すことを禁止する」規定を設けた。

それだけでなく、バフェット氏はランチの中で、さまざまな名言や金言をしばしば落札者に贈ってきた。バフェット氏に成功の道理を訪ねた人に対しては、「若者よ、あなたに何をすべきか伝える必要はない。あなたは非常に優秀で、自分が何をすべきか知っているからだ。だが私は何をすべきでないかを伝えることはできる。まず自分がよくわからないことはしないことだ。次に永遠に株の空売り・空買いはしないことだ。3つ目に永遠にレバレッジ投資をしないことだ」と語った。(提供/人民網日本語版・編集/KS)


関連記事

レコードチャイナの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索