米企業CFOの65%「米国の貿易政策は事業に不利」―中国メディア

2019年9月14日、中国メディアの新華網は、「米企業の最高財務責任者(CFO)の多くが、米国の貿易政策は事業に不利に働くと考えていることが、最新の調査結果で明らかになった」と報じている。

記事は、米CNBCが13日公表した調査結果によると、米企業のCFOの約65%が今後6カ月間で米国の貿易政策が事業に不利に働くと考えていることが分かったと伝えた。

また、CFOの約50%が米国の貿易政策の結果として会社の投入コストが高くなったとし、25%以上がコストの増加を相殺するために価格を引き上げたと回答しているとも伝えた。(翻訳・編集/柳川)


関連記事

レコードチャイナの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索