日本の敬老の日に見るシルバー経済のビジネスチャンス―中国メディア

2019年9月17日、人人財経網は、日本の敬老の日について紹介し、シルバー経済には多くのビジネスチャンスがあるとする記事を掲載した。

記事は、日本では9月16日が敬老の日だったと紹介。「高齢者のために設けられた祝日で、高齢者に対する国民の関心を高めることが目的」などと説明し、昨年、当時の皇太子ご夫妻が敬老の日にちなんで都内の高齢者施設を訪問されたことや、学校でも生徒たちが老人ホームを訪問するなどを取り決めると紹介した。

しかし記事は、「日本の高齢者は、ただ座って余興を見るだけだと思ったら大間違い」と指摘。東京都と東京都老人クラブ連合会が共催する「東京都老人クラブ芸能大会」では、さまざまな芸能を披露した高齢者の平均年齢が77歳で、最年長者は90歳以上だったと紹介し、上位2位に知事賞が贈られたと伝えた。また、敬老の日には植物園や動物園、博物館、美術館などが高齢者は無料で楽しめることも紹介した。

その上で記事は、「日本のシルバー経済にはビジネスチャンスがある」と分析。高齢者の増加は医療業界に巨大なニーズと利潤をもたらすとの考えを示した上で、「特に在宅医療の方面で、将来的に家庭での医療介護のニーズが大幅に増加する」としている。(翻訳・編集/山中)


関連記事

レコードチャイナの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索