2020年4月29日、長江日報は武漢から日本への直行コンテナ貨物船が5月9日から輸送を再開すると伝えた。

記事は、武漢から日本へのコンテナ貨物船は「点と点」の直行便モデルであると紹介。武漢市の陽邏港を出発し、長江から直接海に入って大阪や神戸、名古屋などの港に到着するという。このコンテナ貨物船直行便は、昨年11月28日に最初の便が出発し、5日後に大阪港に到着しており、これまで合計5回の試験航行を行っていると記事は紹介した。

記事によると、武漢から日本へのコンテナ船直行便は5月9日に正式に運営を開始し、「華航漢亜1号」と「華航漢亜2号」の2隻で週に1便を運航し、神戸、大阪、名古屋の港に停泊するという。

武漢新港管理委員会の責任者は、「武漢から日本へのコンテナ船直行便は、長江上中上流地区における本当の意味での初の対外直行船便であり、毎週運行することは武漢の新型ウイルス感染防止の段階的な勝利をしるしづけるものとなっており、対外貿易の新たなルートを開くものとなった」との見方を示した。

記事は、これまで武漢から日本へ輸送する貨物は、上海を経由する方式が採用されており、日本へ到着するのに8日必要だったが、直行便を採用することで5日に短縮されると伝えた。(翻訳・編集/山中)