自動車市場は全体として数多くの挑戦に直面しているものの、BMWは引き続き研究開発に大量の資金を投入している。BMWグループが5日に発表した今年第2四半期(4-6月)の決算データによると、2020年上半期の研究開発費は計27億3400万ユーロ(約3417億5000万円)に上り、前年同期の27億9600万ユーロからほぼ横ばいだった。費用は主に電動化プロセスの推進に当てられ、たとえば電気自動車(EV)「iNEXT」の開発などに当てられたという。中国経済網が伝えた。

BMWの電気化への持続的な投資が収益を上げつつある。上半期には自動車販売量が全体としては低下したが、EVは前年同期比3.4%増の6万1652台に達した。BMWの予想では、EVはラインナップが持続的に充実するにつれ、下半期は販売量がさらに増加するという。

BMWが中国で進めた新エネルギー分野での投資が、電動化戦略の実施に向けた着実な基礎を打ち立てた。これまでに革新的な完全電気自動車の「iX3」が世界でお披露目され、年内に正式に発売されて海外市場へも投入されるという。同時に遼寧省瀋陽市にある華晨BMW高電圧バッテリー工場の第2期プロジェクトはまもなく生産を開始する。6月には、BMWと国網電動汽車服務公司が戦略的協力合意に達し、これから充電技術の研究とイノベーション、充電サービス商品の協力と普及、グリーンエネルギー協力の推進などの面で、中国のEV生態圏とデジタル化サービスの発展を共同で推進し、より多くの新エネ車オーナーにメリットをもたらすという。

深化を続ける配置、ますます充実する製品ラインナップにより、BMWは新エネ車分野で大きな成果を上げている。データによると、上半期は中国新エネ車市場が全体的に下ぶれした中で、BMWの新エネ車販売量は流れに逆らって同49.1%増加を達成した。

BMW中華圏の高楽社長兼最高経営責任者(CEO)は、「目の前の危機が世界の未来の移動交通のモデル転換を加速するとともに、自動車産業全体の統合を促すだろう。BMWは中国市場に揺るぎない信頼感をもっている。当社は中国での、すでに決まっている投資計画を予定通り推進し、特にデジタル化と電動化の分野での投資を推進するとともに、今後数年間は中国での足跡をさらに拡大することを目指す」と述べた。(提供/人民網日本語版・編集/KS)