2020年8月11日、韓国・聯合ニュースによると、経済協力開発機構(OECD)が韓国の今年の経済成長率見通しを前回(6月)のマイナス1.2%からマイナス0.8%に上方修正した。

OECDは11日に発表した経済見通しで、新型コロナウイルス感染症の再度の拡大がないというシナリオの下、成長率をマイナス0.8%とした。第2波が現実化すれば、マイナス2.0%まで下がると予想している。

韓国の数値はOECD加盟37カ国で最も高く、2位はトルコ(マイナス4.8%)だった。日本はマイナス6.0%、ドイツはマイナス6.6%、米国はマイナス7.3%、英国はマイナス11.5%、加盟国平均はマイナス7.5%となっている。

韓国は新型コロナウイルスへの対応が評価されたという。OECDは「韓国はロックダウン(都市封鎖)することなくウイルス拡散を食い止めた国の一つだ。適切かつ迅速な対応で、加盟国に比べ雇用、成長率の下落幅が極めて小さかった」と説明しているという。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「うれしいニュースだね」「世界が災害で苦しんでいる今、この国の国民であることを誇りに思う」「韓国ほどコロナにうまく対応した国はないだろう」など、喜びの声が多数寄せられている。

また「やっぱり迅速なコロナ対応と透明な情報公開の成果だね。政府、防疫当局、医療陣に感謝を」「文在寅(ムン・ジェイン)政権はよくやっている。頑張れ!」「これぞ大韓民国の底力、現政権の業績だよ」「韓国経済が崩壊すると言ってた人たちは何をしているかな?」など、政府を称えるコメントも多く見られた。(翻訳・編集/麻江)