中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報は21日、「新型コロナウイルス感染症流行期における中国の安定した輸入需要が日本とドイツにサプライズをもたらした」とする専門家の見方を伝えた。

記事はまず、中国市場について、「日本とドイツにとって輸出減を防ぐ『中流の砥柱(しちゅう)』となっている」とした。

その上で、日本については、「日本の財務省が19日発表した貿易統計によると、新型コロナウイルス感染症流行期の2020年4〜9月の輸出全体は前年同期比19.2%減ったのに対し、中国向けは3.5%増えた。特に9月は2桁増の伸びを実現し、14.0%増となった」と伝えた。

ドイツについても「(日本と)類似した状況だ」とし、「ドイツ連邦統計局が8日発表した貿易統計によると、8月の輸出全体は前年同期比10.2%減ったのに対し、中国向けは1.1%減と安定を保った。7月も中国向けはわずか0.1%減っただけだった。ドイツの今年第2四半期の貿易は、米国向けや英国向けが大幅減となる中、中国は米国を抜いてドイツにとって最大の輸出市場となった」と伝えた。

そして、北京大学経済学院の曹和平(ツァオ・ホーピン)教授のコメントとして、「新型コロナウイルス感染症の流行以来、中国から世界の製造業への供給は妨げられずに進み、中国は世界経済の回復に替えがきかない役割を果たしてきた。中国というエコノミーが世界のサプライチェーンに欠かせない存在であることは、明らかで疑いないものとなっている。中国の安定した輸入需要は、日本とドイツにとってサプライズとなっている。中国経済の粘り強さと不可欠性は米国に匹敵するものであり、中国の新型コロナウイルス感染症流行期におけるパフォーマンスは顕著だ」と伝えた。

記事は、「統計によると、輸出が日本とドイツの経済成長に与える影響はとても大きい」とし、「ドイツの国内総生産(GDP)の約半分は輸出によるものだ。日本経済における輸出の比重は16%と高い。中国は両国にとって最も重要な輸出市場の一つとなっている」と伝えた。(翻訳・編集/柳川)