広州市科学技術局は29日の発表会で、同市が2015年よりハイテク企業育成キャンペーンを実施しており、4年間でハイテク企業数が6倍以上に増えたと発表した。中国新聞網が伝えた。

広州市のハイテク企業総数は2015年の1919社から2019年の1万2099社に増え、4年連続の速い成長を実現した。広州市のハイテク企業総数は現在、中国の都市で4位をキープしており、広東省の約26%を占めている。

初期段階の統計によると、広州地区の年間売上高が100億元(約1560億円)以上のハイテク企業は、2015年の8社から2019年の17社に増加し、112.5%増となった。10億元以上は93社から226社に増加し、143%増となった。

また、広州市の昨年のユニコーン企業ランキング入り企業13社の時価総額は合計で約261億7600万ドルに上り、平均20億2800万ドルとなった。(提供/人民網日本語版・編集/YF)