中国国家鉱山安全監察局が11日に開いた記者会見で明らかになったところによると、中国の炭鉱スマート化建設に近年、積極的な進展があった。人民日報が伝えた。

2015年は全国の炭鉱のうち、スマート化採掘作業場所が3カ所しかなかったが、19年には275カ所、20年にはさらに前年同期比80%増の494カ所に上った。すでに石炭採掘、巡回点検などの19種のロボットが炭鉱の現場で導入されている。(提供/人民網日本語版・編集/YF)