韓流女性グループのメンバー、台湾出身アイドルを嘲笑?謝罪文を公開

2017年7月17日、今夏デビューする韓流グループWANNA ONEの台湾人メンバーの韓国語を物まねした女性グループElrisのBellaが、ツイッター上に謝罪文を発表した。聯合報が伝えた。

韓国の人気サバイバル番組「PRODUCE 101」から誕生し、今夏デビューするWANNA ONEの最年少メンバー、15歳の頼冠霖(ライ・グァンリン)はグループで唯一の台湾人だ。その頼冠霖の中国語なまりの韓国語について、6月にデビューしたばかりの女性グループElrisのリーダー・Bellaがこのほど、ラジオ番組で物まねを披露して大笑いする場面があった。

これに対し、外国人の頼冠霖を「やゆした」「嘲笑した」との批判がリスナーから持ち上がり、WANNA ONEファンの間に謝罪を求める声が広がっていた。

17日、Bellaは手書きの謝罪文をツイッター上で公開。「私の未熟な態度について弁解の余地はない。外国人をやゆする意図はなかったが、頼冠霖さんに対して心からおわびしたい」と記し、反省の意を示している。

外国人のなまりのある韓国語については、スーパージュニア(Super Junior)のヒチョルが、過去に在籍した中国人メンバーのハン・グン(ハンギョン/韓庚)の物まねを得意にしていたことがあった。しかし2人は同じグループの仲間で、特に仲が良いことで知られていただけに、今回のケースとは全く別物だと言える。(翻訳・編集/Mathilda)

関連記事

レコードチャイナの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

エンタメのニュースランキング

ランキングの続きを見る

エンタメの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索