台湾の人気アーティスト、ジェイ・チョウ(周杰倫)が台北市内で経営するレストラン「Mr.J義法厨房」が5月いっぱいで閉店することが明らかになった。一部のメディアは新型コロナウイルスの影響が濃厚だと報じている。

ジェイ・チョウは2006年と07年、台北市内にイタリアンレストラン「Mr.J義法厨房」を相次いでオープンした。このうち、台北医学大学内で13年にわたって経営を続けてきた2号店が今月31日をもって閉店することが3日、明らかになった。

ジェイ・チョウの楽曲「我不配」のMVの撮影場所としても知られる1号店は、13年にすでに閉店。2号店はジェイ・チョウの監督&主演映画「言えない秘密」の撮影でも使われており、台湾だけでなく国外のジェイ・チョウのファンも必ず訪れる聖地の1つだった。

閉店について、店側は、店舗の賃貸契約が満期を迎えたためと説明している。しかし台湾や香港の一部メディアは、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、飲食業界全体が大きなダメージを受けていることも要因の1つではないかと報じている。

「Mr.J義法厨房」だけでなく、「Mr.J藤原豆腐店」や「麻吉咖啡」など、飲食店を次々にオープンしてきたジェイ・チョウだが、いずれもすでに閉店している。(Mathilda)