日本観光が北京市民に一番人気、若い世代が海外旅行の主力に

2017年8月10日、新京報は、北京市民を対象にした夏の海外旅行調査で、日本が最も人気のある観光地に選ばれたと伝えた。

記事は「夏の北京人の海外消費に関する研究で、最も人気の夏の観光目的地は日本であることが明らかになった。また、フランス、タイ、シンガポール、オーストラリアも人気があるようだ。そして、旅行先の決済方法では、銀聯カードがメインになっている」とした。

中国旅遊研究院が発表した「2016年中国出国旅行発展年次報告」によると、北京では「80後」と呼ばれる1980年代生まれ世代が海外旅行の主力になっており、自由旅行の割合も増えつつある。若い旅行者は値段に敏感で、コストパフォーマンスの高い体験やサービスを求めているという。

記事はまた、銀聯国際がこのほど夏のキャンペーンを開始し、30余りの国・地域の約1万店舗で優待を実施していると紹介。宿泊、交通、飲食、エンターテインメントなど各種の消費分野にわたる50万の店舗で利用できるほか、半数のATMで現金を引き出せる日本では、東京、大阪、北海道、沖縄の34店舗で夏季の特別優待を受けられるとした。また、マルイやビックカメラ、ヨドバシカメラでは5%の割引が適用されるという。(翻訳・編集/川尻)

関連記事

レコードチャイナの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学のニュースランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索