長崎の被爆者団体「日本の加害者としての歴史も忘れてはならない」

2017年8月9日、新華網は、72回目の原爆記念日を迎え平和祈念式典が行われた長崎の平和公園の様子を伝えた。

記事は「8月9日朝、多くの人が平和公園を訪れ、原爆による犠牲者を追悼していた。公園内には多くの花や折り鶴が供えられていた」と伝えた。そして「長崎県被爆者手帳友の会」の井原東洋一会長が「日本人は当時の原爆の惨状を知るとともに、南京大虐殺、重慶爆撃など加害者としての歴史も忘れてはならず、過去の行いを十分に反省しなければならない」と語ったことを伝えている。

一方で、「3日前の広島で行われた記念式典では、広島市長が原爆投下の日を言い間違えた。そして、ますます多くの日本人は広島と長崎の原爆を語る際、往々にして被害者の立場を取り、その惨劇を招いた真の原因に言及することはほとんどない。日本の歴史教科書も原爆の悲惨さを取り上げるばかりで、日本に侵略された中国やアジア各国国民が無残にも虐殺されたという歴史的事実に触れていない」と指摘。「日本の平和主義者が許せないのは、安倍晋三首相をトップとする勢力が平和憲法改定を企図していること。安倍首相は9日に長崎の平和公園を訪れてスピーチしたが、長崎に原爆が投下されるに至った歴史的な背景には言及しなかった」などと論じた。

記事はまた、式典で長崎市長が平和宣言を発表すると、数千羽の白いハトが空に放たれたことについて、被爆者の女性が「被害者の平均年齢はすでに80歳を超えている。バトンを若い世代に渡し、彼らに戦争の恐ろしさと平和の尊さを理解してもらい、平和の使者になってもらいたい。空を飛び交うのが砲弾ではなく、ハトであり続けることを願う」と語ったことも紹介している。(翻訳・編集/川尻)

関連記事

レコードチャイナの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索