インド人の83%「同じ物ならインド製より中国製を買う」

2017年8月10日、中国メディアの澎湃新聞によると、インド紙ヒンドゥスタン・タイムズはこのほど、インドの消費者の8割超が、同様の製品ならインド製よりも中国製を好むことが最新の調査から明らかになったと伝えている。

インドの調査会社ローカル・サークルズによると、8973人の回答者の83%がインド製品よりも中国製品を好むことが分かった。同様の製品を比較した場合、中国製品はコストパフォーマンスに優れ、インド製品は高価だと考えられている。

中国製品を最も購入したいと考えるのはどのカテゴリーの製品かとの問いでは、38%が携帯電話や他の電気製品などの耐久消費財、15%が家具や装飾品、10%がギフトアイテム、37%がこれらすべて、と回答した。

北京にあるインド大使館が今年2月に発表した「2016年中印2国間貿易報告」によると、中国は米国とアラブ首長国連邦(UAE)を抜いてインド最大の貿易相手国と輸入相手国となっている。(翻訳・編集/柳川)

関連記事

レコードチャイナの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学のニュースランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索