日本の人口1400人あまりの町が、中国で絶賛された理由

2018年6月5日、中国版ツイッター・微博で、人口1400人あまりの徳島県上勝町を紹介する動画が掲載された。

掲載されたのは、「ごみゼロの町」として知られる同町を紹介する、外国人向けの英語ナレーション動画。生態環境を改善すべく、この町では15年前からごみの分別を非常に細かく行っており、80%のごみがリサイクルあるいは堆肥としての再利用に回されているという。また、高齢者の多くが里山の葉っぱを採集して料理の「つま」として飲食店などに販売するビジネスを手掛けているそうだ。

同町の美しい風景や、風景を守るためのごみ分別の取り組みを見た中国のネットユーザーからは「本当にきれいな町だな」「素晴らしい。良いところは学ぶべき」「全体のモラルが高いからこういうことができる。中国の高齢者だったらどうなっていることか」「わが国のごみ分別なんて、箱が違っても回収する車が全部一緒だから何の意味もない」といった感想が寄せられた。

また、「日本の農村は本当に美しい。そして、ちっとも時代に遅れていない」「日本は田舎に行けば行くほどますます清潔になっていく」「日本人のモラルと自律性の高さは否定しようがない」などとし、同町のみならず多くの日本の農村が豊かで環境も美しいことを指摘するユーザーも少なくない。

中には「日本で不思議なのは、コンビニではビニール袋が無料で、しかも何枚かに分けて商品を入れたりするのに、街にはビニール袋が散乱していないということ」との感想も見られた。(翻訳・編集/川尻)

関連記事

レコードチャイナの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索