「「日本で同意なく歯を抜かれた!」韓国人男性が訴訟に韓国ネットから驚きの声

30代の韓国人男性が「同意なしに歯を抜かれた」として日本の裁判所に損害賠償請求訴訟を起こしたとのニュースが韓国でも報じられ、ネット上で話題となっている。

ソウル新聞は20日、日本メディアの記事を基に「35歳の韓国人男性が『大阪にある入国管理局の収容施設にいた時、外部の歯医者で同意なく歯を7本抜かれた』と主張し、昨年12月に日本政府と当該病院を相手に損害賠償請求訴訟を起こした」と伝えた。男性が歯に激しい痛みを感じて病院を訪れたのは2016年9月で、「病院は抜歯の危険性などについて説明せず不必要な抜歯をした。歯を抜かれてから食事に不便を感じるようになった」と主張している。日本政府に対しては「入国管理局の収容所に十分な医療システムを構築していない」と主張しているという。

これに対し病院側は「発熱があり、歯を抜かなければ患者は死に至る可能性があった」とし、「男性は口を開け続け、治療を承諾していた」と説明している。

韓国のネット上には「抜歯で解熱するなんて、一体どんな状況?」「7本も抜いたら出血がひどくてむしろ危険なのでは?」「口を開け続けていたから承諾?麻酔をしたら何をされているのか分からないのに」「7本もの歯を一度に抜くなんて初めて聞いた。まるで拷問」など驚きの声が上がっている。

一方で「歯のことよりもなぜ入国管理局の“収容所”にいたのか気になる」「収容所にいたということは、過去に大きな罪を犯したということ?それなら同情できない」との意見や、「日本は決められた手順に従ったはず。男性が1人で騒いでいるだけじゃない?」「日本に行ったことのある人は分かる。日本は原則どおりにする国だ。病院が何も言わずに歯を抜くとは思えない」など男性の主張に対する疑問の声も数多く寄せられている。(翻訳・編集/堂本)


関連ニュースをもっと見る

関連記事

レコードチャイナの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索