逃げ出す街から逃げ込める街へ、森ビルが外国人帰宅困難者受入訓練

逃げ出す街から逃げ込める街へ、森ビルが外国人帰宅困難者受入訓練

森ビル株式会社が17日、東京・六本木ヒルズで「森ビル総合震災訓練」の一環である「外国人帰宅困難者受入訓練」を行った。訪日外国人・在留外国人の増加が見込まれていることから、同社では2017年から外国人帰宅困難者受入訓練を行っており、「災害時の外国人対応力強化」を目指しているという。人民網が伝えた。

今回の訓練では、帰宅困難者役として港区国際防災ボランティア、近隣大使館職員、森ビル社員など計約50人が参加し、受入対応者の指示のもと、速やかに受入エリアへと移動した。

その後、「インターナショナルスクール園児の受入」の訓練が行われ、園児たちは受入エリアへと誘導された後、保温シートなどの防災用品の使い方についてレクチャーを受けた。

訓練に参加した園児が通うインターナショナルスクール「ASIJ Early Learning Center」のクリスティ・カリロ園長は、「今回の訓練を通して、実際に避難するときの状況がわかり、園児にとっては良い学習の機会になった。六本木ヒルズは耐震機能だけでなく、災害訓練もしっかりと行っている。このような逃げ込める場所が近くにあり、とても安心できる」と話した。

また、森ビル株式会社震災対策室事務局の鈴木健次郎氏は、「六本木ヒルズでは、災害時に約5000人を受け入れる態勢を整えている。多くの外国人が周辺に住んでいるので、災害時には英語などの外国語のみならず、外国人にもわかりやすい表現にした日本語を使い、情報伝達の強化を図っていきたい」と語った。

森ビルは年3回震災訓練を実施しており、「逃げ出す街から逃げ込める街へ」をコンセプトとし、建物のハード面だけでなくソフト面において、災害に強い安全・安心な街を目指した様々な取り組みを行っている。(提供/人民網日本語版・文/木村雄太)


関連ニュースをもっと見る

関連記事

レコードチャイナの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索