「日本人が好感持てない国・地域」で韓国が3位に、韓国で不満の声

2019年1月21日、韓国・聯合ニュースは日本経済新聞の報道を引用し、日経リサーチが昨年10〜11月に日本全国の18歳以上の男女1673人を対象に行った主要国・地域への友好意識世論調査の結果を伝えた。

調査の結果、北朝鮮について「嫌い」または「どちらかというと嫌い」と答えた人は82%にも上ったという。次いで中国が76%、韓国は61%の回答者がマイナスな印象を抱いているという結果が出た。特に韓国については、年齢が上がるにつれ「嫌い」と回答する割合が高い傾向にあり、60代で韓国を「嫌い」と答えた人の割合は70%に達したという。

一方、好感度の高い国としては、英国・豪州を「好き」と答えた割合が72%、米国に対しても67%が肯定的な回答をしたという。

これを受け、韓国のネット上では「韓国人の嫌いな国1位は日本」と日本を批判するユーザーも多い中、「優しい日本人も多いって聞いたけれど、韓国を嫌いな人がこんなに多いなんて」「韓国では毎回のように日本旅行(グルメなど)の番組が放送されている。悲しい」「日本人は韓国が嫌いなのに、日本に旅行する韓国人は多い」「韓国人は日本車に乗る人が多い。こんな結果なのに日本車、日本旅行、日本製品が大好きな人が多いのが、すごく情けない」「韓国人は日本を嫌っているのに、日本の食べ物、漫画、文化が好きで日本へ旅行する。これが矛盾なのかどうなのかもわからない」「外では日本の悪口を言っても、旅行に行ったりしている。韓国人の一番好きな国は日本でしょ」など複雑な心境を吐露するユーザーも見られた。(翻訳・編集/仲野)


関連記事

レコードチャイナの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索