「ゲノム編集ベビー」事件、双子誕生確認、別の1人も妊娠中―中国

中国国営の新華社は21日、広東省の調査グループが「ゲノム編集ベビー」事件の初期段階の調査結果を明らかにしたと報じた。

18年11月、南方科技大学に所属していた賀建奎(ハー・ジエンクイ)副教授が遺伝子を効率良く改変できる「ゲノム編集」技術を受精卵に使って双子の女児「露露(ルール―)」と「娜娜(ナーナー)」を誕生させたと主張し、世界中で物議を醸した。

これまで、双子の女児の存在は確認されていなかったが、このほど明らかにされた調査結果では、「賀氏は16年6月から外国人スタッフなどを含む独自の研究グループを立ち上げ、監視を逃れ、安全性・有効性が不確実な技術を使用して、国が禁止している人類のゲノム編集活動を行った」と認定された。

17年3月から18年11月までに8組の夫婦をボランティアとして募集し実験に参加させ、そのうち2人の女性が妊娠。1人が双子の女児を出産し、もう1人は妊娠中。1組は途中で実験から離脱したという。

調査グループの担当者は、「賀氏および関係者、関係機関は法律に基づいて厳しく処分される。すでに生まれた幼児と妊娠した女性については、関係部門の指導の下で医学的な観察を続ける」としている。(翻訳・編集/北田)


関連ニュースをもっと見る

関連記事

レコードチャイナの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索