<サッカー>雰囲気は日韓戦…?日本対ベトナムに韓国も盛り上がる

2019年1月21日にAFCアジアカップ2019決勝トーナメント1回戦が行われ、日本代表はサウジアラビア代表と対戦し1‐0で勝利した。これにより日本代表は24日の準々決勝でベトナム代表と対戦することになる。ベトナム代表を率いるのは韓国人のパク・ハンソ監督であるため、韓国でもメディアが「ミニ日韓戦」「もう一つの日韓戦が実現」と報じるなど注目を集めている。

韓国の国民日報は「急に雰囲気は日韓戦…」との見出しで、日本との対戦が決まったパク監督の反応を伝えている。日本対サウジアラビア戦を現地で観戦したパク監督は、報道陣に対し「欧州で活躍する選手の多い日本は簡単でない相手。実力に差があることは分かっている」としつつも「挑戦したい。日本の一瞬の隙を見逃さない」と意気込みを語った。パク監督率いるベトナム代表は昨年のアジア競技大会で日本代表を破っていた。しかしこれについては「あの時は23歳以下の代表チームだった」と慎重な姿勢を見せたという。ベトナム代表はFIFAランク100位(日本は50位)だが、パク監督が就任して以降素晴らしい活躍を見せており、ベトナム国民はもちろん、韓国国民からの注目度も高いという。

これを見た韓国のネットユーザーからも「もはや宿命の日韓戦と言える。韓国も国を挙げて応援するべき」「もうすぐ3・1節(独立運動記念日)だから、3‐1で勝利しよう」「今回は2‐0で日本を倒してほしい」「日本にサッカーの難しさを教えてあげよう」「お願いだから日本だけには負けないで!」などライバル心をあらわにするコメントが続出しており、やはり日韓戦のようなムードが漂っている。

その他「最近のベトナム代表の試合は本当におもしろいよ。レベルが低いなんてうそ!」「守備にやや弱い部分があるけど、しっかり鍛え上げられた組織力とパワーアップした体力と精神力が素晴らしい」などベトナム代表の実力を高く評価する声も多く見られた。(翻訳・編集/堂本)


関連記事

レコードチャイナの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索