日本対ベトナム、韓国人がベトナムを応援するもう一つの理由

アラブ首長国連邦(UAE)で開催中のサッカーのアジアカップ準々決勝で日本とベトナムが対戦することについて、中国のスポーツメディア・騰訊体育は「この対戦はミニ日韓戦だ」と伝えた。

今大会でベトナムを指揮しているのは、韓国人の朴恒緒(パク・ハンソ)監督。日本戦に闘志を燃やしており、さながら日韓の代理戦争の様相を呈している。記事はこの試合について、「韓国のネットユーザーはベトナムを半分自国のように扱っている」と伝えた。

さらに、「もう一つの側面もある」とも指摘。「タイ代表にJリーグのクラブに所属する選手がいるため日本人記者がタイの肩を持つようなもので、ベトナムには韓国人お気に入りの選手がいる」とし、ルアン・スアン・チュオンの名前を挙げた。

ベトナム人初のKリーガーとして知られるルアンは、仁川ユナイテッドFCや江原FCでプレーした経歴を持つ23歳のミッドフィールダー。韓国メディアは、自国の英雄的な選手になぞらえて「ベトナムの朴智星(パク・チソン)」と評しているという。

記事は、日本代表の選手の多くが欧州でプレーしていることに触れたうえで、「そんな日本を相手に旋風を起こせるか。少なくとも、ベトナム人と韓国人はそう期待している」と結んだ。(翻訳・編集/北田)


関連ニュースをもっと見る

関連記事

レコードチャイナの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索