ガンダムとザクが宇宙から東京五輪を応援する計画、中国ネットの反応

2019年5月17日、観察者網は、日本メディアの報道を引用し、2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会と宇宙航空研究開発機構(JAXA)、東京大学がコラボし、機動戦士ガンダムの「初代ガンダム」と「シャア専用ザク」の模型を宇宙へ送る計画だと伝えた。

記事によると、ガンダムとザクの模型の大きさは約10センチメートルで、模型とメッセージを表示する電光掲示板を超小型衛星「G-SATELLITE」に格納し、来年3月、国際宇宙ステーションへの補給船に積んで打ち上げるという。

衛星が軌道に乗った後、模型と電光掲示板が宇宙空間に放出され、その姿を衛星搭載カメラが撮影し、画像を地球に送信する。大会組織委員会は、SNSなどを通じて、「金メダルおめでとう」などのメッセージを日本語と英語など複数の言語で表示するという。

これに対し、中国のネットユーザーから「生きているうちに本当にモビルスーツが大気圏外で活動するのを目にするとは思わなかった」と感慨深いとの感想や、「日本人はガンダムを開発し、東京五輪の名を借りて宇宙で性能試験を行うに違いない」と勘繰る人もいた。(翻訳・編集/山中)


関連記事

レコードチャイナの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索