韓国産“高純度フッ化水素”の技術、8年前にすでに開発されていた?

2019年7月22日、日本政府が高純度フッ化水素の対韓国輸出規制を強化したことを受け、韓国では「国産開発」を求める声が高まっている。そうした中、韓国・国民日報が「高純度フッ化水素を作る技術は韓国でもすでに8年前に開発されていた」と報じ、注目を集めている。

記事によると、韓国特許庁の特許情報検索サービスには、最高純度フッ化水素を生産する韓国の技術1件が特許登録されている。中小企業A社が2011年7月に登録した技術で、同社は半導体のエッチング工程用フッ化水素の製造技術を実験で立証、特許庁は審査を経てこの技術に特許を与え、2013年1月に公開したという。

この技術は超音波振動機を活用したもので、6つの方法で実験した結果、特定の実験でフッ化水素の中の不純物の割合が最小で10億分の1以上、最大で100億分の1以下となったという。半導体工程に使用できる純度「99.999999999%」以上のフッ化水素を抽出したということになる。韓国の業界関係者は「通常は100億分の1や1000億分ほどの純度であれば使える」とし、「この技術で精製すれば可能だ」と説明したという。

しかし、この技術は事実上「死蔵」されたという。最高純度のフッ化水素を生産・販売するには工場を建て、高価な分析装備や移送過程での汚染を防止する特殊な容器などを備えなければならないが、これには多額の費用が必要となるため。同社の代表は「数十億ウォン(数億円)から100億ウォン以上の設備投資費用がかかる」と話したという。

さらに、記事によると「ずさんな産業生態系」も足かせとなったという。超高純度フッ化水素を必要とする企業でも、半導体工程に適合するかどうか、6カ月から1年ほどテストしなければならないため、すぐに製品を使うことができない。余力のある大企業はその時間を待ち、もし失敗しても大きな打撃は受けないが、中小企業が販売可能か分からない製品に大規模な投資を行うことは難しい。同社の昨年の売上額は100億ウォンにも届かなかった。同社代表は「大企業の立場では使用中の日本産フッ化水素を使えばよく、無理に我々の製品に変える理由がなかった」と話したという。

とはいえ、韓国政府が研究・開発(R&D)以外に施設投資を予算として支援するのも「容易でない」状況だという。

記事は「このように大規模な施設投資が負担となり死蔵された技術は多い」と伝えている。産業通商資源部の元関係者は「大企業が中小企業と共存しようとしなかった根本的な限界が、日本の輸出規制という事態を呼んだ」と指摘した。

これを受け、韓国のネットユーザーからも「これまでの大企業による技術搾取、パワハラが呼んだ結果」「結局は大企業がこれまで投資せず、楽にお金を稼いできたということ」と批判する声が上がっている。

一方で「実験室での成功と大量量産には大きな差がある。生産ラインもないのに誰が注文する?」「工場を建てると言えばまた地域住民や環境団体が反対するだろうし…」「政府が支援するべきだ。大企業のせいにしないで」などと指摘する声も。

また、「これを機にみんなで豊かに暮らす韓国を作ろう」「今ここで諦めたら経済植民地になる。多少のリスクを犯してでも国産化を進めよう」と呼び掛ける声も続々と寄せられている。(翻訳・編集/堂本)


関連記事

レコードチャイナの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索