眠たいのに寝たくない?夜更ししてしまう「強迫性障害」とは?―中国メディア

睡眠不足を嘆き、いつも「夜寝付けず、朝起きられない」という悪循環に悩まされている若者は多い。あるいは、「今日は必ず早く寝る」と自分に言い聞かせながらも、まぶたがくっつきそうなほど眠くなっても、ついスマホを見続けてしまう。心理学的見地からみると、このような症状は、「夜更し強迫性障害」あるいは「睡眠相後退症候群」と呼ばれる。科普中国網が伝えた。

それでは、夜更し強迫性障害が起こる理由は何なのだろう?オランダの心理学者Kroese教授は、大量の社会階層群調査とデータ分析の結果、「一般的に、引き延ばし行為と夜更しは、非常に深い正の相関関係にあり、自己コントロール力と夜更しする時間とは、顕著な負の相関関係にある」ことを発見した。これはつまり、夜更し強迫性障害の傾向がある人は、他の面でも物事を引き延ばす傾向が強く、例えば、知らず知らずのうちに仕事や学習面でやるべきことを先延ばしにして、最後の最後になって慌てて完成させがちだ。ストレスに直面した時には、つい逃避してしまう傾向があり、さらには自己管理能力が不足していたり、過度な執着や敏感な心理状態が働きがちだ。このほか、寝る時間を引き延ばすことと、翌日に対する期待感の低さや仕事に対する嫌悪感が大きいことも、明らかな相関関係がある。これは、あまり好きではない仕事をしているとき、翌日の仕事に対するストレスや心理的焦りが原因となって、ついつい夜更かししてしまうという傾向となって現れる。

多くの「夜更し族」からみると、早く寝ることは命の浪費であり、夜の時間を有効活用することは、喜ばしいことに決まっているかもしれない。だが、実は、このような「時間を勝ち取る」といったやり方は、健康に一定のリスクをもたらし、さらには引き合わないこともあり得る。夜更しが長期間続くと、身体の各機能の修復や更新のための時間が短縮されて、正常な身体の新陳代謝機能が乱れ、それによって、眼の周りのクマ、片頭痛、憔悴、さまざまな不調などの悪しき結果を招く恐れがある。(提供/人民網日本語版・編集KM)


関連記事

レコードチャイナの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索