韓国の空港で摘発された日本人、職員押しのけ逃走図る?=韓国ネットは処分に不満

2019年11月11日、ニューシスなど複数の韓国メディアによると、多額の日本円を所持しながら申告をせずに出国しようとした日本人が韓国で摘発された。

記事によると、金浦空港の税関は、日本円243万円を申告せずに日本へ出国しようとした疑いで日本人のAさんを調査したと11日に明らかにした。韓国の外国為替管理法では1万ドル(約109万円)を超える現金や有価証券を持っている場合は出国時に当局に申告しなければならない。

記事は、「Aさんは7日午後3時ごろ、手荷物検査で現金が見つかった。この際に保安検査員を押しのけて逃走を図った。保安検査員は負傷して病院で治療を受けている」などと報じている。その後の調査で、Aさんは「カジノでもうけた金」と話したといい、税関関係者は「Aさんに過料130万ウォン(約12万円)を科した」「保安検査員にけがを負わせたため事件を金浦空港警察隊に引き継いだ」と説明。Aさんは過料を納めて8日に日本へ出国したという。

韓国のネットユーザーからは「お金の出処を調査するべき」「逃走したってことは犯罪と関係したお金かもしれない」「正当な金なら最初から申告すればいい。それをせずに逃走したのならお金の出処が怪しい」などと疑うコメントが寄せられている。

また、「保安検査員がけがをしたのなら公務執行妨害になるのでは?」「過料130万ウォンはあまりにも少ない。摘発されても痛くない」などAさんへの処分に不満をあらわにするユーザーも見られた。

その他に「日本人が日本円を持って日本に行くことの何が悪いの?韓国ウォンを外国に持っていくのは韓国経済に打撃を与えるけど、外貨なら問題ないのでは?」などの意見も寄せられている。(翻訳・編集/長居)


関連記事

レコードチャイナの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る